なにさまっの見逃し配信動画を無料でフル視聴する方法はこちら!岸谷五朗・松雪泰子・篠原涼子などキャスト・あらすじ情報も!

ドラマ「なにさまっ」を無料視聴できるのはParaviだけ!

本日から10月3日まで無料!

\「なにさまっ」を見るならParaviがおすすめ!/
※初回2週間の無料期間中に解約すれば一切お金はかかりません
ドラマ名なにさまっ
ジャンル学園・青春
話数11話
放送年1998年
制作会社TBS
主題歌ぼくたちの日々/スガシカオ
配信サービス 無料動画配信状況 無料期間

2週間無料体験に登録で無料視聴可能※途中解約OK
\2週間無料/
ドラマ「なにさまっ」を見るならParavi!

Paraviならドラマ「なにさまっ」を無料で視聴することが可能です!
Paraviは現在2週間の無料体験があり、TBS系の番組であれば、完全見放題で視聴することが可能です。ドラマ「なにさまっ」は完全無料で視聴ができるので是非ご視聴してみてください☆

本日から10月3日まで無料!

\「なにさまっ」を見るならParaviがおすすめ!/
※初回2週間の無料期間中に解約すれば一切お金はかかりません
目次

ドラマ「なにさまっ」の動画を無料でフル視聴する方法

結論から言うとドラマ「なにさまっ」を無料で視聴するにはParaviがおすすめです!

広告なし・CMなし・2週間無料、全話フルで視聴することが可能です。

Paraviは本来有料の動画配信サービスなのですが、今なら2週間の無料キャンペーンを行っているので、その無料視聴キャンペーン中に「なにさまっ」を一気見すれば、タダで視聴することが可能です!

また主演である岸谷五朗さんの別の作品として

岸谷五朗さんが出演している別ドラマ
  • 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子
  • 監査役 野崎修平
  • 天 天和通りの快男児
  • 天 赤木しげる葬式編

などのドラマや映画作品も見放題で視聴可能となっているので無料期間中に一緒に視聴することも出来ます!

フジテレビ系列のドラマや映画ならポイントを使わずに無料視聴ができる動画配信サービスはParaviだけとなっているので、まずはドラマ「なにさまっ」を無料お試し体験ができる2週間で視聴してみてください。

※注意※

PandoraやDailymotionといった違法動画サイトで動画での視聴はおすすめしません。違法動画サイトで視聴をしていると怪しい広告などが出てきてそれをクリックするとクレジットカード情報など個人情報が抜き取られる可能性があるからです。
このようなサイトではブラウザバックしても再度表示されることも多く非常に危険です。
また、仮に違法動画サイトで動画をダウンロードしてしまうと、著作権法の処罰の対象となり「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはこれの併科」ととなります。

ですので、絶対に視聴やダウンロードはしないようにしましょう。
また違法サイトでは視聴の際に広告が何度も入る上に、画質が荒いのでせっかくのドラマも最大限楽しむことが出来ません。

「なにさまっ」の本編の動画を安心・安全に視聴するためにはParaviを利用して視聴するようにしましょう!

本日から10月3日まで無料!

\「なにさまっ」を見るならParaviがおすすめ!/
※初回2週間の無料期間中に解約すれば一切お金はかかりません

Paraviで配信中のドラマ一覧

なにさまっ以外にもParaviでは多数のドラマ・アニメ・バラエティ・Paraviオリジナルドラマが配信されています。

※上記配信状況は日々変わりますので、最新情報を確認する場合は各動画配信サービスをご確認ください。

ドラマ「なにさまっ」の動画を配信している動画配信サービス一覧

ドラマ「なにさまっ」を無料で1話〜全話配信している動画配信サービス一覧は以下になります。

  • 配信あり&無料視聴可能:◎
  • 配信ありでレンタル作品:○
  • 配信なし:✗
動画配信サービス名配信可否無料期間備考
U-NEXT×31日間初回登録時600pt
FOD PREMIUM×2週間フジ系番組を見るならFOD
Hulu×14日間日テレ系番組を見るならParavi
Paravi2週間TBS,テレ東番組を見るならParavi
TELASA×30日間テレ朝番組を見るならTELASA
Netflix×なしNetflixオリジナル番組あり
Amazon プライム×30日間Amazon プライム独占配信あり
TSUTAYA DISCAS30日間ジブリ系を見るならTSUTAYA一択
dTV31日間月額500円で最安値!
クランクインビデオ×14日間無料登録で3000ポイント付与!
※上記配信状況は日々変わりますので、最新情報を確認する場合は各動画配信サービスをご確認ください。

なにさまっはParaviのみの配信となっているので、無料で視聴したい方はぜひParaviの2週間無料体験に登録して視聴してください!

最近ではTVerでの見逃し配信などもありますが、各テレビ局が無料で配信しているということもあり、

最新話しか見れない
放送から1週間しか見れない
CMが多い&長過ぎる
広告のスキップが出来ない

といったデメリットがあります。

その点Paraviはそういったことがなく視聴ができるので、ストレスなく視聴が可能です!

なにさまっはParavi以外の動画配信サービスでも視聴が可能ですが、

  • 無料登録がたった2分で可能
  • レンタル作品ではないので無料で視聴可能
  • なにさまっ以外にも主演の方が出ているドラマが視聴可能

という理由からParaviで視聴することをおすすめします!

本日から10月3日まで無料!

\「なにさまっ」を見るならParaviがおすすめ!/
※初回2週間の無料期間中に解約すれば一切お金はかかりません

ドラマ「なにさまっ」の各話のあらすじ

第1話:「負け犬と女王様、爆裂バトルの幕開け」

放送日:1998年10月11日

駅伝の花形選手だった坂巻風太郎(岸谷五朗)は、大手食品会社にスポーツ採用されるが、レース中に足を故障。

引退後は系列のしょうが工場に出向し、選手時代のプライドを捨てて気楽に生きていた。

そんなある日、風太郎は人事部の佐伯(渡辺いっけい)から本社復帰を命じられる。

本社では社運を賭け、新たにイタリアンレストランのチェーンを展開する計画が進み、有名なフードプロデューサーの沢木いづみ(松雪泰子)と契約。

風太郎はいづみのアシスタント役を命じられる。

いづみは若いがイタリア食文化のエキスパートで、仕事に厳しくプライドも高い。

風太郎が仕事をさぼっているところを目撃したいづみは、彼にお役御免を言い渡し、プロジェクトを降りると申し出た・・・。

出典:「なにさまっ」公式サイト

第2話:「女王様の秘密」

放送日:1998年10月18日

いづみ(松雪泰子)は、風太郎(岸谷五朗)が彼女の私生活に介入しないことを条件にプロジェクトに戻る。

一方、風太郎は、彼の駅伝選手時代のファンだという祐子(篠原涼子)と出会う。風太郎はまんざらではないが、実は祐子には恋人がいた。

そんな中、いづみは風太郎に「家庭的なレストラン」を探すよう指示した。

“家庭的”という言葉から、両親を亡くし独りで食べた料理の不味さを思い出した風太郎は、出張に出掛けたいづみの帰りを待つ息子・モリコーネのもとに向かった。

風太郎は、モリコーネが公園の池にボールを落として困っているところに遭遇し、彼を助けようとして足に怪我をしてしまう。

モリコーネは風太郎をマンションに連れ帰って手当をするが、そこに予定より早くいづみが帰ってきて・・・。

出典:「なにさまっ」公式サイト

第3話:「嘘つき男に天罰」

放送日:1998年10月25日

ある日、風太郎(岸谷五朗)の亡き姉の娘・水希(内山理名)が祖母と住む長野の家を飛び出してきた。

シンガポールに赴任中の父親から、シンガポールに来いと言われたのが原因のようだ。

水希は風太郎のアパートにすっかり居ついてしまった。一方、会社の取締役会の結果、プロジェクトの予算が半減されてしまった。

村越(岸部一徳)と佐伯(渡辺いっけい)は、いづみ(松雪泰子)がプロジェクトから降りるのではないかと心配する。

そこで風太郎だけに結果を知らせ、いづみが自主的に予算を半減させたくなるよう仕向けて欲しいと指示する。板挟みとなった風太郎だが、いつまでも隠し通せるものではない。

事実を知ったいづみは、村越と佐伯に「大事な仲間に嘘をつかせたことが気に入らない」と告げ・・・。

出典:「なにさまっ」公式サイト

第4話:「あんた友達いないだろ!」

放送日:1998年11月1日

明(渡部篤郎)は風太郎(岸谷五朗)といづみ(松雪泰子)の関係を疑っている。

風太郎はいづみが子持ちだと打ち明けるが、明は信じない。ある晩、明はいづみを酔わせて口説こうと目論み、強引に食事に誘う。

散々酒を飲ませるが、いづみは酔わずにさっさと1人で帰ってしまった。

彼女に何とか近づきたい明は尾行するが、いづみを迎えにマンションの入り口まで出ていたモリコーネを発見。風太郎の言葉が真実だったことを知り、ショックを受ける。そこに、明を心配した風太郎がやってきた。

明の行動を冷たく責め、周囲に頑強な壁を作るいづみに、風太郎は激怒。「思い込みで周りを色眼鏡で見るな」と、叱りつける風太郎の言葉に胸を打たれたいづみは・・・。

出典:「なにさまっ」公式サイト

第5話:「完璧女の辛い過去」

放送日:1998年11月8日

いづみ(松雪泰子)のもとに新聞の取材が来た。

いづみは、家族についてのインタビューに、両親を早くに亡くし、兄弟もいないと答えた。

風太郎(岸谷五朗)は自分と同じ境遇のいづみに親近感を覚える。

数日後、いづみの姉・トメ子が風太郎を訪ねてきた。トメ子によると、いづみは7年前にイタリア人男性と結婚したことで、父親から勘当されたという。

風太郎はいづみが語った家族構成が嘘だと知ってびっくり。

近頃父親の体調がすぐれないので、いづみに帰郷する気持ちがあるか確認して欲しいと言う。

風太郎はトメ子をいづみに偶然を装って会わせるが、いづみは完全無視。

そんないづみに風太郎は「生きている親を死んだというなんて最低だ」と怒鳴る。

風太郎の言葉に胸をつかれたいづみは・・・。

出典:「なにさまっ」公式サイト

第6話:「涙の対面、初めて孫を見た父」

放送日:1998年11月15日

いづみ(松雪泰子)はモリコーネを連れて帰郷する。

しかし、実家に着いたいづみは、父親が電話口の姉に向かっていづみのことを「娘なんかじゃない」と言っているのを聞いてしまう。

いづみは父親には会わずに東京に帰り、風太郎(岸谷五朗)の部屋を訪れる。

ちょうど明、友里たちと風太郎の部屋にいた祐子は、風太郎といづみの関係を疑う。

さっさと土産を渡して帰ろうとするいづみを風太郎が問い詰めると、父親とは和解できなかったと告げる。

翌日、風太郎のもとにトメ子から父親が倒れたとの知らせが来る。

風太郎はいづみに伝えるが、「あんな人は父親じゃない」と言い、帰ろうとせず・・・。

出典:「なにさまっ」公式サイト

第7話:「あんたを助けたい」

放送日:1998年11月22日

いづみ(松雪泰子)は、父親との和解について風太郎(岸谷五朗)に「感謝している」と告げる。

いづみのいつにない素直な言葉にびっくりする風太郎。

一方、取締役会議でプロジェクトの中止が提案されたと村越(岸部一徳)が伝えてきた。

ライバル会社のイースタン食品が全く同じプロジェクトをぶつけてきたのだ。

イースタン食品の責任者が学生時代からのライバルと知った村越は、「迎え撃つ」と宣言。しかし手段を選ばず潰しにかかってくるイースタン食品。

風太郎はイースタン食品のコンペに出席するという明(渡部篤郎)に頼み、関係者だけに渡される極秘書類を持ち帰ってもらう。

友情のために罪を犯した明に、いづみは・・・。

出典:「なにさまっ」公式サイト

第8話:「人は変われるのか」

放送日:1998年11月29日

村越(岸部一徳)はプロジェクトの予算の増額を取締役会で押し通した。

佐伯(渡辺いっけい)が調べると、第一銀行の融資課に風太郎(岸谷五朗)の大学時代の駅伝部の後輩・山岡がいることが判明。村越と佐伯は昔のよしみで融資を受けられないか、と風太郎に持ちかける。

しかし山岡は、駅伝部時代の風太郎のしごきを恨みに思っている様子。

風太郎は、素っ気ない態度をとる山岡に融資の話しを持ち出すことができなかった。

その後、風太郎はいづみ(松雪泰子)に「絶対に怒らない」と約束して再度山岡に会うが、山岡の高慢な態度に堪忍袋の緒を切らせたのはいづみの方だった。

いづみは怒鳴るだけ怒鳴ってその場を後にし・・・。

出典:「なにさまっ」公式サイト

第9話:「ついに告白か」

放送日:1998年12月6日

風太郎(岸谷五朗)といづみ(松雪泰子)はプロジェクトを成功させようと駆けずり回っていたが、またしても競合社のよこやりが入り、食材の仕入れが出来なくなってしまった。そんな中、いづみは村越常務(岸部一徳)から見合い話を持ちかけられた。

「人生には何度かのターニングポイントがある」という村越だが、いづみは釈然としない。

そんな中、いづみに競合社・イースタン食品からの引き抜きの話が持ち上がる。

「君がプロジェクトから降りれば、今後一切チトセフーズの邪魔はしない」という言葉に複雑な心境のいづみだが、風太郎と一緒に頑張っていこうと心に決め話を断る。

ところが、その現場をたまたま見かけた明は、いづみが皆を裏切ったと勘ぐり・・・。

出典:「なにさまっ」公式サイト

第10話:「イタリアからの男」

放送日:1998年12月13日

いづみ(松雪泰子)がイースタン食品に移ることが佐伯(渡辺いっけい)と村越(岸部一徳)にも知られてしまった。

風太郎(岸谷五朗)は、いづみがやむを得ずその道を選んだ事を皆に説明する。

そんな矢先、イースタン食品が倒産してしまう。

風太郎や良介たちが引き止めるが、いづみは「一度は選んだ道だから」と、チトセフーズに帰らなかった。一方、風太郎はいつの頃からか、自分が恋人の祐子(篠原涼子)を好きでいようと努めていることに気づく。

風太郎はとうにいづみに心魅かれていたのだ。

そして、いづみもまた風太郎を好きになっていることに気づき、彼にイタリア大使館から招かれた表彰式に、エスコートして欲しいと言う。

出典:「なにさまっ」公式サイト

第11話:「言えなかったことば」

放送日:1998年12月20日

いづみ(松雪泰子)は、離婚した夫・ロベルトに「もう一度やり直したい」と言われる。

翌日、けじめをつけるため、いづみはモリコーネをロベルトに会わせる。

しかしロベルトになつくモリコーネの姿を見て、いづみは複雑な心境に・・・。

ロベルトはモリコーネにとってはたった1人の父親なのだが、いづみは風太郎(岸谷五朗)への思いも捨てきれないでいた。

一方、風太郎も、いづみとモリコーネにとって最善の道は、いづみがロベルトとやり直すことではないかと判断。

「一生、君とモリコーネを守りたい」という言葉をのみ込んだ。

そして、いづみはロベルトと共にイタリアに行くことを決意する。

出発の日、諦めきれない風太郎は空港へ向かうが・・・。

出典:「なにさまっ」公式サイト

ドラマ「なにさまっ」のキャスト一覧

役名キャスト名
坂巻 風太郎岸谷五朗
沢木 いづみ松雪泰子
園田 祐子篠原涼子
東 良介長嶋一茂
高杉 真紀夫藤木直人
木村 友里竹内結子

ドラマ「なにさまっ」の原作はある?

ドラマ「なにさまっ」の原作はありません。

ドラマ「なにさまっ」まとめ

今回はドラマ「なにさまっ」を無料で視聴する方法を解説いたしました。

Paraviでは2週間の無料トライルを実施しています。

その無料トライアル期間内にドラマ「なにさまっ」全11話を無料で見ることができます。

皆様も登録してドラマ「なにさまっ」をお得に見てください!!

本日から10月3日まで無料!

\「なにさまっ」を見るならParaviがおすすめ!/
※初回2週間の無料期間中に解約すれば一切お金はかかりません
本日から10月3日まで無料!

\「なにさまっ」を見るならParaviがおすすめ!/
※初回2週間の無料期間中に解約すれば一切お金はかかりません
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる